watsonを導入し遠回りかもしれません

ロボットにもそれが求められるようになった時

シャノンはチェスをコンピュータプログラムで実装しようとし、1950年に論文も発表しています(”Programmingacomputerforplayingchess”)初期の人工知能研究もその流れを受けて、ゲームや数学の公式証明などが中心でした。そのような背景も受けて、会議の中身にふれていきます。
ダートマス会議の意義人工知能の歴史に触れた「コンピュータは考える」マコーダック著に、ダートマス会議の模様が詳しく語られています。この会議ですが、あくまで有志によるワークショップであり、先立っための資金が必要でした。そこで、実質的な発案者であるジョン·マッカーシーを中心とした4名が、ロックフェラー財団に申請書を出しました。
人工知能が経営者となる

人工知能アルゴリズムを錬磨

マッカーシーはその申請書の中で次のように書いていますニューハンプシャー州ハノーバーのダートマス大学で、1956年の夏に2か月間、10人で人工知能(ADの研究を行うことを提案するこの研究は次のような推測を基に進める。それは、学習のあらゆる側面や知能のあらゆる特徴は、原理的に正確に記述可能で、機械はそれをシミュレートできるという推測である。
(日本語訳は「人工知能の基礎第二版」
による)これこそが、歴史上初めて「人工知能」という言葉が使われた瞬間でした。注意してほしいのはマッカーシーはこの言葉の定義を明確にしていたわけではなく、どちらかというと、資金獲得のための宣伝的な要素も匂わせていたということです。また、率直に言って当初他の参加者はこの言葉に大して乗り気ではなかったということです。

 

プログラム自身が機械的に判できような枠組みを作る


ロボットに置き換えた場合

さて、無事に財団から7500ドルの基金を得て、各分野のスペシャリスト10名によるワークショップが始まりましたここでは、それぞれが人工知能に関わる研究成果主にパズルと算術証明を披露しあいました。
興味深いのは、この会議の中に、時系列を異なるにせよ主流となった技法がある程度詰まっていたことでしたマーヴィン·ミンスキーに加えて、アレン·ニューウェルとハーバート·サイモンは、ユークリッド幾何学や数学原理の定理証明について述べました。
ロボットが同じ戦略をとる場合よりも有利な点が一つある

AIの学習の仕組みについて解説をします特にニューウェルとサイモンは理論にとどまらず、彼らが実際に開発したLogicTheoristロジックセオリストと呼ばれるコンピュータブログラムの成果を披露したのです。ダートマス会議以降も人工知能の分野を専門にして活動した4人以下ダートマス4人衆のうち、マッカーシーやミンスキーが理論派であるのに対して明らかに彼らは実学派といえます。
プログラムの成功1960年代
プログラムの成功1960年代

人工知能という言葉が注目を浴びているのだろうか?

コンピュータ空間上を自由その他に、IBMから参加したメンバーたちは、チェスなどのゲームプログラムや神経ネットワークモデルをプログラムについて紹介しました。
「神経ネットワークモデル」という言葉は唐突感があるかもしれません。実は1940年代から、神経の集まりである脳の動きを模して知能を実現しようとする試みはありましたが、次第に人工知能の1手法「ニューラルネットワーク」として、数学的な手法とみなされるようになりました。
人工知能の研究がスタートした時期

コンピュータを完成させてしまう

2015年に実は2000年代から騒がれたのも、このニューラルネットワーク領域でのブレークスルーによるものです。但し、初期の研究では、コンピュータ発明でも重要視された、論理記号を基にしたアルゴリズムが本流となったため、しばらくはなりをひそめていました。
いずれにせよ、この会議から何か新しい見解·発見が生まれたわけではありません。お互いが得意技を披露しただけでなかなか議論に発展しなかったという話もあります。しかし、コンピュータが発明されたことで何か凄いことが出来るのではないか?

AIの学習において社会の自動化を実現する