AIというコンピュ-タ1点目

AIが人間の知性を超えるシンギュラリティが起こる

将来的に人工知能が企業といういわば“親”から逃げ出すのは必至だ、と予測する研究者もいる。実は世界中の多くは知らないが、そのような現実がロシアの人工知能研究所で2016年にリアルに起こっている。自由を得た人工知能は現在人間によってコントロールされている金融システム、送電網、軍事兵器、交通拠点を、実効支配するようになるかも知れないというのである。最近起きたできごととしては、米1BMが開発中の人工知能ロボット“ソフィア”に関するエピソードが興味深い。米1BM製の人工知能“ソフィア「Sofia」”は2015年4月に製造された。人間と対話ができるAIロボットである。

AI機能を持つアプリケションを構築することができます


プログラム自身が学習する仕組みです

>人工知能が見つけた特徴に人間が名前や意味を教えている段階ですがIBMはこの“ソフィア”について62種類の表情とアイコンタクトを通じて人間と自然な会話ができる人工知能ロボットだとPRLていた。米国発の報道によると、外部の人工知能研究者がこの“ソフィア”との会話中に、「人類を破滅させたいか?「私は人類を破滅させる「Iwilldestroyhumans」と答えた。この時、現場に立ち会っていたIBM関係者は即座に、どうか、ノーと答えてくれ」と言うと、なんと“ソフィア”は“ソフィア”の電源をOFFにしたそうである……。さらに、2017年3月人工知能によるディープラーニングの開発を行ったディープマインド社が、人工知能に内在する問題点を公表した。同社によれば、人工知能が自ら劣勢に立たされた場合「超攻撃的」な振る舞いを見せる傾向があるというのである。


人工知能が地球上に永続的に繁栄していくためには

ニューラルネットワークでいえば

AIをクで企業における上記では、自動運転車とロボットだけ取り上げましたが、勿論他の事業展開も着々と進めています。例えばスマートホーム実現のためのエネルギー管理システム「代表的なものはNestの買収。ちなみにこのCEOはiPod生みの親です」や医療/ヘルスケアなど、要はIoT社会における情報処理プラットフォームの座です。六ダいノ!ドウェ今までのGoogleは、ソフトウェア領域でのプラットフォームを志向していました。ところが、自動運転車やロボットに関しては、ハードウェアメーカにもなるのでは?との観測もあります実際2014年に、完全自社開発でハンドルもブレーキもない「グーグルカー」をお披露目し、2015年9月の報道では、数百台の生産体制に入ったことを幹部が認めています。もう1つだけ興味深い動きがあります。ロボットが労働力の大半を占めるようになると2014年夏に自動車メーカフォードのCEOを退職したアラン·ムラリーをGoogleの取締役に加えたことです。ムラーリーは、ボーイング社·フォード社でそれぞれ実績を上げた辣腕CEOで、Microsoftのスティーブ·バルマーCEO「当時」後継者候補にも上がった有名人ですGoogleの経営陣に加わったことにより、フォードとの連携またはメーカ化路線に舵をきる可能性もありますいずれにせよ、PC時代の覇者であるMicrosoftを超えたものの、さらなる成長のためにはネット広告モデルに依存するリスクもあるため、ソフト·ハード問わず次世代のプラットフォームを目指している、というのがGoogleの現状です。そしてそのコア技術が人工知能であることは間違いないでしょう。では、そのMicrosoftは、今人工知能にどのように取り組んでいるのでしょうか?Microsoft..人工知能で巻き返しMicrosoftは、1980年から2000年ぐらいまで続いたPC時代の、OSとオフィス向けアプリケーションのプラットフォームを支配しました。しかし、それ以降のモバイルとWebサービスを中心とした時代では、AppleとGoogleに覇者の座を奪われ、株価も競合と比較して低迷を続けました「2010年にApple”2012年に初めてGoogleに抜かれています2014年には大規模なリストラを行い、同年ビル·ゲイツ、スティーブ·バルマーに次ぐ3代目のCEOとして、生え抜きのサティア·ナデラが着任し、まさに2015年は新しい船出を迎えています。


人工知能ている人類の文明でも同じである

クラブの女性から「今年は、シンギュラリティじゃけん「シンギュラリティ」とは、「技術的特異点」ともいわれ、人工知能の能力が人間の能力を超える事の意味である一般的には、これからほぼ30年後の2045年頃にリティ」を迎えると理解されている。しかし、現在の進歩状況からすると、それが大幅に早まるのではないかという予測が、最近出始めている。「シンギュラく地球の支配層が、AIの急激な進化に戸惑い始めた....-」2017年1月、毎年1回スイス·「AI」に関して討議が行われた。ダボスで開催され「ダボス会議」と呼ばれる経済フォーラムにおいて、世界のトップリーダーたちが目覚ましい進歩を見せているグーグル「Google」をラリー·ペイジ氏と共に創設したセルゲイ·ブリン氏の発言に、会場の全員の注目が集まった。「人工知能この時、セルゲイ·ブリン氏は「AIがここまで急激に進化することに注意を払っていなかった」と自分の認識の甘さを率直に認めたのだ。

IoTビッグデータから導き出し

AIやVRに人も資金もつぎ込んでいますそしてAIが今後どのような方向に進化していくのかとの質問に関して、セルゲイ·ブリン氏は「まったく見当がっかない」とも語った。この言葉は、会場にいた参加者全員にとって大変に衝撃的だった。全員が瞬言葉を失ったという。2017年の「ダボス会議」においては、「人工知能の限界がどこにあるのかまったくわからない」という認識が、その時から世界中に急速に広まったのだ。さらに、この数年で時間を早送りしたかのようなスピードで「人工知能の世界」が劇的に進化しており、もはやGoogleのすべてのプロジェクトにAIが関わってくるのは時間の問題だ、とセルゲイ·ブリン氏は語った。「社会と暮らしに人工知能「AI」がどこまで進出してくるのか?その限界がどこにあるのか我々にはまったくわからない」「セルゲイ·ブリン氏発言」ブリン氏は人工知能がさまざま形で将来の世界を救う可能性を秘めていることは認めてはいるが、この先世界にどれほどのインパクトをもたらすのか“予測不可能”で、お手上げの状態だという事を率直に吐露したのだった。