人工知能を搭載した過去の歴史を振り返る

AIPANETであることは有名な話です

(それが正しいかどうかは本書では言及しません)ハンガリー出身のノイマンは、アインシュタインと同じく1930年にアメリカのプリンストン高等研究所に招かれていましたが、欧州におけるナチス台頭を恐れて、一家でアメリカに移住することに決めましたそしてノイマンがこの研究所教授に着任して熱心に招いたのが、あのゲーデルとチューリングというのは非常に興味深い歴史の一幕です。
AIや過去にも二度

ALphaGoの強さの秘密

(一説には、プログラム内蔵方式はゲーデルの不完全性定理で使った手法から着想を得たといわれています)実はノイマンは、チェスなどの対戦ゲームで勝つためのアルゴリズムを開発したり、人工知能の研究にも大きく貢献した人物です。人工知能の創設メンバーであるミンスキーやマッカーシーの論章文指導を行ったこともありました。残念なことに若くしてガンでなくなりましたが、の科学史において極めて多大な影響を残した人であることは間違いありませんそれでも人類ここまで、いろんな人が登場してきましたので、例えてみたいと思います。

 

ロボットちょっとだけ弱いとイイですね


人工知能が使われる可能性はあります

趣向を変えてコンピュータの完成をサッカーにまずサッカーというルールをアリストテレスが考案しました。試合が始まると、DF(ディフェンダー)であるブールとフレーゲの二人が自陣地で堅牢な守りを見せて、ミッドフィールダーのシャにパスを渡します。シャノンは敵味方交えた団子状態の中盤から一気にドリブルで飛び抜けて、ゴール前に待つセンターフォワード(CF)チューリングへ見事なセンタリングをあげますチューリングは敵DFをかわしながらシュートを打ちますが、ギリギリのところでゴールポストに当たり、同じくゴール前に詰めていたCFのノイマンが、こぼれ球を拾って見事ゴールを決めた.というイメージでしょうか勿論この章で登場した人全員が、フィールドや控え席、献していることは言うまでもありません。
人工知能の研究がスタートした時期

コンピュータグループまたはOB席での応援を通じて得点に貢これでついに、思考を表現する論理という道具を、るコンピュータが完成しました。
数学と電子という道具で具現化した機械であプログラムなどのソフトウェアが独ここからはしばらく、トランジスタなどのハードウェアと、立して発展することになります。
そして人工知能の提唱メンバーが推し進めていたのは、初期においてはプログラムによるアルゴリズム開発が中心となります。現代に生きる我々も、人工知能という言葉を聞いた時に通常思い浮かべるのは、高度なコンピュータプログラムではないでしょうか?
人工知能の力が必要だそれは日本に住んでいるからだ
人工知能の力が必要だそれは日本に住んでいるからだ

人工知能へと置き換わる-これまで生活を大きく変えたてきた

ニューラルネットはとも語っているしかしながら、コンピュータが出来ることを証明されているのは、あくまでアリストテレスが発明した論理であり、そしてその論理もゲーデルやチューリングによって完全ではないことが証明されていることは忘れてはいけません現代でも人工知能の研究にはコンピュータが不可欠となっています。知能が論理的、または決定論的(必ず唯一の答えが出る。その対極が非決定論的または確率論的)であればよいのですが、それを証明した人は残念ながらいまだに現れていません。むしろ、我々人間は果たして論理的な生物なのかどうかも定かではありません。
従って、人工知能が実現出来るかどうかという議論で盲点の1つは、そもそもそれが論理演算の権化であるコンピュータで表現できるか否か、ということも本来は疑う必要があります。
人工知能が経営者となる

人工知能にも自意識が生まれるのだろうか

後世になってこの問題は再燃しますが、まずは論理という武器を信じて人工知能を実現させようとした、創設メンバーから始まる歴史的な業績について、次の章から紹介していきたいと思います人工知能の歴史3:推論の時代(1950年1960年代)以前でも軽く紹介しましたが、トマス会議です。
人工知能という言葉が歴史上初めて登場したのは、1956年のダー但し、前章でのコンピュータが生まれる歴史もそうですが、人間が行う知的活動を機械で実装させようとした研究者は、この会議以前より少なからず存在しています。前述のノイマンもそうですが、論理と電子を結びつけ情報理論を生んだシャノンもその一人です。

インターネットその先にある学習用