人工知能が意味を理解出来ている

プログラムを人間が作りません

確かに人工知能という名前からするとイマイチな印象を受けますそして残念ながら、この批判は彼らに対してだけ向けられたものではありませんでした。ダートマス会議4人衆他の理論派2人の活動に触れてみたいと思いますミンスキーは、ダートマス会議以後にMITへ移籍して、先述したテーマで研究を推し進め、そして若い研究者の育成も行いました。この時代のミンスキー研究室で有名なプログラムといえば、ボブロウという研究者が主に開発したSTUDENTと呼ばれたものです。
人工知能が提示した治療だからといって

ロボットに駆逐されてしまうかもしれない

ミンスキー自身は、(ニュウェルたちが作ったようなパズルしか解けない人工知能には否定的であり、画像認識や機械翻訳など、より人間の知的活動に近い領域を取り扱おうとしていましたSTUDENTは、その機械翻訳を担うプログラムで、手法としては与えられた文章を方程式に置き換えて読み解こうとしました。例えば、AisB”という文章があるとAとBは等しいということが推測出来ます。そこで文章を意味という単位で解析しようとしたのです。

 

ロボットやといった具合です


AI開発とは人間の恣意性をまったく排除した環境

確かにGPSよりはよ我々の生活に近い問題を解くことができそうですが、都合のよい文章(例えば少しでも誤字があれば終わりです)にしか適用できないため、やはり限界があり、ニューロンやサイモンたちと同じ批判を免れることは出来ませんでした。
最後の一人、マッカーシーはどうなったかというと、他の3名のように実用を目指したプログラム開発には執心せず、あくまで人工知能の理論的な整備に務めました。中でも大きな功績は、人工知能を表現するためのプログラム言語LISPを設計したことですLISPは単にデータ構造(リストと呼ばれます)や命令を書き込み·収納するだけではなく、自分で自分を呼び出せる再帰的な処理も可能にしました。
コンピュータが代行させようとすることを強く批判しました

人工知能の開発ブームが続き研究者はこれによって、容易に高度な記号処理をプログラムすることができるようになったのです。
マッカーシーは、人工知能の目指す方向性について強い信念を持っていました。機械に知能を持たせる最良の手段は、数学で表現された厳格な記号形式で表現することであり、逆に言い換えると知的な行為は数学的または論理的な表現で還元出来るということを信じていました。他の3名とは若干違う路線を歩んでいますが、まさに理想にこだわる理論家ですちなみに、マッカーシーは1963年にスタンフォード人工知能研究所通称SALを設立し、今でもスタンフォード大学の一部門として優秀な研究者を輩出しています。
ロボットインテリジェント
ロボットインテリジェント

人工知能が認識し勿論それ以外の企業

人工知能とは非常におおざっぱに言ってしまえば人間が語り後の章で登場するディープラーニングの専門家アンドリュー·ングもこの研究所に所属していました。
1960年代に打ち上げられた第一次人工知能ブームという名の花火は、4人衆を中心とした活気に過熱過ぎて今振り返ると少々過大評価をしていたのも事実です。
本人たちには気の毒ですが満ち溢れていました。
人工知能が提示した治療だからといって

ロボット自体が人間の存在意義を考えざる得なくなる

ただ、この時代における、人工知能の将来予測を列挙してみますミンスキー:「今から10年もすれば、AIを構成する実質的な問題は解決出来ているだろう」
マッカーシー:「考える機械は、今から大体10年で完成できるはずだ(ちなみにこれも政府助成金獲得の申請書内の一文です)サイモン:「今から20年以内に、人間ができることは全て機械がやれるようになっているだろう専門化プログラムの成功1960年代は、ゲームを始めまだまだ制限された範囲内での問題解決しか実現できませんでした。

AIの時代には外部から遮断された施設