ロボットや工作機械が導入されていった

プログラムを組んだ人が夢にも思わなかったエラーということですから

もちろん、IoTの本格的な普及の前には、検討しなければならない私有制などの制度上の問題やグローバル企業などの既得権益問題など大きな課題があるが、人間社会は紆余曲折はあるものの歴史的にはより便利で快適な社会へと向かっていくものだと楽観的に考えられるならば、IoT化された近未来では、人々の日々の生活「モノの消費と活動」が社会を支え、そのことが人々が社会で糧をえる根拠となる、そんな社会の到来ということである。先に紹介したスタートレックのレプリケータ-で料理をつくるといってもどんな料理をつくるかは人間の重要な仕事になるのである。そういった意味では、IoT時代になれば遊んで暮らせるというのは全くの誤解である。モノの生産·流通·分配がIoT&A!によって自動化·無人化されても人々の生活は残るのである。そういった意味では、原始時代の生活もoT時代の生活もそんなに大差はないということである。ただ変わるのは、IoTは、労働力の商品化を必要としないというだけである。そのような意味で、IoT革命は、一八世紀後半からの産業革命以来の革命と考えられるのであるディープラーニング「深層学習」の技術は、ある日突然現れたのではなく、何人もの研究者によるニューラルネットワークの長い研究の結果、登場したものです。その最初の成果は2011年の音声認識ペソチマークテストで、トップの性能を達成したことでした。そしてディーブラーニングが一躍有名になったのは、画像認識の世界的コンテストILSVRC2012で、圧倒的性能を見せつけたことかちです。一気に10%も改善することができたのです。これ以降、画像認識發野ではディープラーニング上のグラフにあるように、それまでは年に数パーセント程度しか性能改善ができなかったエラー率を、来の手法を押しのけて主役に躍り出たのです。

AIという二つの考え方があり

  • コンピュータがイメージをして
  • 人工知能は地球上にあらわれる宇宙人なのかもしれない
  • AIPACレポートと急に言われても


コンピュータは知能の定義に関しては


人工知能をその企業から購入して利用した企業ほど

人が知能をどう考えるかによって、人工知能の境界線も変わっていきます。結局のところ、あくま今後は人工知能がみるみる進化していくので、相対的に知能が無さそうに見える機械が増えていくでしょう。今までは人工知能と呼ばれていたモノがどんどん「ただの機械」に格下げになり、そのたびに「人工知能って何だ?」と思うかもしれません。ですが、人工知能というのはあくまで人間っぽく振る舞う機械の立場を表す名称に過ぎないと考えるとしっくりくるのではないでしょうか?古い人工知能の考え方さて、今後は人工知能がどんどん進歩して古い人工知能がただの機械になってしまうでしょう。すぐに古い人工知能と新しい人工知能が混在する世界がやって来ますが、同じように人工知能と呼ばれていてもその「知能」には大きな開きがあります。

人工知能との出会いで思い出すのは

それを一緒くたに同じモノだと考えていては、新しい人工知能とは、しかしここではまず、人工知能を正しく理解しているとはいえません。いわゆる「ディープラーニング」という機能を備えた人工知能のことを指します。ディープラーニングを取り入れた新しい人工知能について説明する前に、古い人工知能についてご説明しましょう。古い人工知能の基本は「場合分け」です。場合分けというのは、「もし00ならを行え」というマニュアルのことです。古い人工知能を突き詰めていくと、無数のマニュアルが中から出て来るわけです。


AIデザイナあなたの勝ったり負けたり

AIが完成するこのしかしながら

10年、20年、30年とどんどん伸びていくでしょう。ですから、私はいったんセミリタイアをしましたが「これだと思い、私のファイナルビジネスと位置づけ、時間も資金も労力も全て注ぎ込んでいるのです。ハイスピードで急成長するAI&VR毎年、年末になると流行語大賞というのが発表になりますが、最初に30個のキーワードがノミネートされます2016年で言えば、「神ってる」「都民ファースト」「文春砲」などでした。その中にAIは入っていますが、VRは選ばれていません。ところが「日経トレンディ」では、ミッドタウンでトレンドエキスポ東京2016がありましたが、そこでは1位が「ポケモンGOでした。


人工知能の機能なのです

2位は「君の名は。」で、3位は煙が出ないタバコのアイコス」。4位が「インスタグラム」、5位が「メルカリ」でした。VRは15位でした。その中には、逆にAIは入っていませんでした。まだヒット商品は出ていないからでしょう。何事も最初は厳しいのです。すぐにうまくいくことはなかなかありません。したように指数関数的に進化していきます。しかし、前にお話し例えば1995年にWindows95が出てインターネット元年と言われました。しかし利用するのはほとんどが企業でした。