プログラミング教育に携われる人材が大量に不足している事だ

コンピュータの処理速度の飛躍的な向上も

ロボットベンチャーのボストンダイナミクスも
プロセッサー「演算処理装置」も自主開発した「純中国製」だったので、世界的な大ニュースになったのです。2016年11月のTOP500でも、「神威·太湖之光「サンウェイ·タイフ-ライト」が2回連続で1位を獲得しましたスーパーコ、ピュータを制するものが世界を制す今、国の力はGDPや軍事力と共に、スーパーコンピュータの数も重要になっています。「スパーコンピュータを制するものが世界を制す」という状況になりつつあるわけです。その理由は追々説明していくとしまして、現在のスーパーコンピュータがどのような規模になっているのかをまずはお話しします。コンピュータの処理能力を表す単位をフロップス「FLOPS」と言います。

例えば、右記の未来に関する例では、医療機関に行ったときに普段の生体情報を共有しました。利用者の許可を得て共有しているのですが、この共有データにはどこまでのデータが入っているのでしょうか「睡眠時間がいつもより減っている」ことは知られてもいいが、「いつも三時まで起きている」ことは知られたくないかもしれません。「歩行距離が短くなっている」くらいは許容範囲かもしれませんが、「歌舞伎町に行く頻度が減っている」とは医師に知られたくないでしょう。医療機関の端末とはすべての情報をシェアするが、医師などの利用者には、抽象化したデータしか閲覧できないようにする、というのも手です。詳しく聞きたければ、改めて医師が患者に質問すればいいだけですから。

ロボットのイメージです

ただし、利用者のなかには「医療機関に情報が記録されるだけでも嫌だと思う人もいるでしょう私は、患者個人の情報はクラウドに保存され、医療機関は一時的にアクセスできるようにするだけという形式にするのが現実的だと思います。カルテというのは本来患者自身の情報ですので、患者自身が管理しても問題ありません。これで困るのは医師です。特に厄介な患者、例えば、毎日腹痛で病院に来るけれども、実際には体の病気はなく、精神的な病気を持っている、などの場合です。患者本人にはできるだけ見られたくないですが、医療機関同士では共有しておきた情報、これをカルテ情報として患者のクラウドに保存すべきなのかどうか。まあ本質的な議論とは逸れるためにここまでにしますが、いずれにしても患者の情報をどこで誰が管理するのか、というのは重要な話です倫理上の問題人工知能が医療を行う上で倫理上の問題も避けては通れません。

人工知能量がある量以上だったら


人工知能が驚異的なスピードで成長し発勝負今から思えば、「2位ではダメなんですよ、1位でなくてはということになります。スーパーコンピュータの計算速度や処理速度を競うTOP500の2016年11月の日本の順位は、残念ながら富士通の「Oakforest-PACS」が6位、理化学研究所の「京」が7位です。では1位は、アメリカ製と思われる人もいると思いますが、「神威、太湖之光「サンウェイ·タイフ-ライト」という中国製のスーパーコンピュータです。2位も「天河2号」という国製です。「天河2号」は実は2013年6月から2015年11月まで3年連続、つまり61連続1位でしたが、それほど大きなニュースになりませんでした。なぜかと言いますと、天河2号」は、アメリカのメーカーである!ntelのCPUやNVIDIAのGPUを使用していたからですところが、2016年6月のTOP500で1位に輝いた「神威、太湖之光「サンウエイ·タイフ-ライト」は、純中国産100%のスーパーコンピュータでした。

テクノロジーの目を通して

プロセッサー「演算処理装置」も自主開発した「純中国製」だったので、世界的な大ニュースになったのです。2016年11月のTOP500でも、「神威·太湖之光「サンウェイ·タイフ-ライト」が2回連続で1位を獲得しましたスーパーコ、ピュータを制するものが世界を制す今、国の力はGDPや軍事力と共に、スーパーコンピュータの数も重要になっています。「スパーコンピュータを制するものが世界を制す」という状況になりつつあるわけです。その理由は追々説明していくとしまして、現在のスーパーコンピュータがどのような規模になっているのかをまずはお話しします。コンピュータの処理能力を表す単位をフロップス「FLOPS」と言います。

AIに後ろをみせることはない


人工知能シリSiriの開発に寄与した人物が
また、暗号「仮想」通貨の別の代表格リップルは、この一年で200倍以上になりました。10000ビットコイン出しても、今では評価額200億円です3000円が200億円になる時7年前は1ビットコインが1円以下で、代なのです。飲み会代程度にしかなりませんでした。しかし、2018年にも大きな波が来る、という話もあるので、さらに利益を膨らませる人、そして逆に大きな損をしてしまう人が沢山出てくるでしょう。国も仮想通貨で膨らむお金を本気で狙っています。しかしお金に関して、滅多にないチャンスの時期であることは間違いなさそうです。注意」以下で述べられている数値は、執筆当時「2018年初頭」のもの仮想通貨の可能性そもそも、仮想「暗号」通貨は、何のために作られたものでしょうか?国家間の資金移動の仕組みを簡素にするために作られた、てコントロールされていた中で、「お金の世界が自由なものに変わる」「お金の世界の明るい未来」という思想の元に作られたものです。

ディープラーニングで改良出来るということです

という背景もありますが、元々は通貨発行権が極集中していて、お金のコントロールがごくごく部の人たちによっそして、金融の知識のない一般人が参入し続けて投機が重なり、膨らみ続けた結果、今の時価総額50兆円を超えた市場に化けました。仮想通貨の世界への本質というものは、既存の通貨発行主体の勢力が書き換えられる可能性にあります。る程度の知識と技術があれば誰でも通貨発行権を持つことができるようになるのです。すなわち、今まで、勢力しか通貨発行権を持っていなかったのが、あもちろん、誰でも通貨発行権を持てる、とは言っても、する通貨が生まれたことにはなりません。小さな国や、個人がただ仮想通貨を発行したところで、それを皆が使いたい、と思うようにならなくては、きちんと通用ただ、実際のところ、発行自体はブロックチェーン技術を使えば誰でもすぐにできます。