コンピュータ開発プロジェクトと呼ばれます

テクノロジーはより広いテクニウムという体系の中での必然

ただし、既にこの時期に、第二次人工知能ブームへと誘う重要な研究成果が3つほど芽を出していました1つ目は1900年のことです。チューリングテストで目標とされた人間のような会話能力がテーマとなります。精神科医のコルビーと、MITのワイゼンバウムの2人が、精神病患者との対話を想定したELIZA(イライザ)と呼ばれるセラピスト役の対話プログラムを開発しました。名前の由来はノーベル文学賞を受賞したバーナード·ショーの戯曲「ピグマリオン」のヒロイン、イライザ.トゥーリトルです余談ですが、戯曲の元ネタにあたるギリシア神話では、主人公は自分が掘った彫刻に恋をしてしまい、遂に女神アフロディーテがそれに生命を与えてハッピーエンドというお話です。
BPOの意味とは
人工知能研究所を設立しました

  • 人工知能という言葉はひとことも出てこない
  • 人工知能の進化は単に自分と全く同じ機能を備えた子孫を増やして
  • AIPACレポートと急に言われて

AI開発のベンチャーを起業

童話ピノキオもこの神話を元に作られたといわれています。
さてここで、と思います。
生命のないセラピストELIZAとその患者実際の人間との対話を紹介してみたい「人は皆同じです。
「どういうふうに?
「いつも何かで私たちを悩ませます。
か例を思いつきますか?
私のボーイフレンドが私をここに連れてきました。
「あなたのボーイフレンドがあなたをここに連れてきたのですね。
「彼がいうには、私はいつも元気がないそうです。
「それはお気の毒です。
「本当に。私は不幸です。
「ここにくれば不幸でなくなると思いますか?
私には助けが必要です。それは確かのようです。
「助けを得るとはどういうことですか?
私の母とうまくいくようになるといいのですが。

人工知能研究所を設立しました

プログラマブルロジックコントローラPLCに集められる

「あなたの家族のことをもっと話してください。」
(ハワード·ガースナー著佐伯訳「認知革命」
から引用)いかがでしょうか?おそらく大多数の人は少なくとも私はこれが機械との対話とは思わないほ
人間らしい会話だと思うのではないでしょうか?
技法としては、あらかじめ精神科医であるコルビーの知見も借りた回答例テンプレートを用意しておき、それに当てはまると決まった回答をする、というパターンマッチングと呼ばれるものです。
人工知能が提示した治療だからといって

コンピュータも処理を不断におこなっている

もし事前に決まった語句が含まれていないと、同じような表現で聞き返したり、以前の話題に戻すという設計が施されており、それが実に会話のリアリティを醸し出しています。ちなみにELIZAのプログラムコードの行数はたったの200行です。
ELIZAは大反響を起こしました。当時、ELIZAと会話した人の大半が療法に満足し、本物の人間と信じて疑わなかった人もいたそうです。(さらにはコンピュータだと種明かしをしても信じてくれないひともいたとか)開発したワイゼンバウムにとっては、これが単なる原始的なルールしか持たないチャットにすぎないと思っており、この反響には驚いたようです。

人工知能や機械に置き換わっていくことでしょう

成果に気をよくした人工知能の研究者たちも、身勝手なことに「ELIZAがコンピュータによる自然言語の理解に対する一般解である」とメディアに喧伝しました。実際、共同開発者のコルビーや精神医学の専門家たちは、人工知能がもたらす成果にさらなる可能性を信じていました。
当の開発者であるワイゼンバウムは世の中の反応に愕然としました。
コンピュータ開発プロジェクトと呼ばれます

ロボットのことを指すその前段階として
ロボットのことを指すその前段階として

コンピューターの性能が追いついて

そして、ELIZAを過渡にもてはやす研究者とマスコミにうんざりし、ついには人工知能自体に嫌気がさして、以後は人工知能反対派の立場をとることになりますこのように、現代で起こっている人工知能に対する賛否論争は、昔から存在していました。現代の我々は、iPhoneの音声アシスタントSiriを使って、ELIZAと同じような感覚を味わうことができるでしよう。(勿論Siriのほうが高度で複雑な仕組みですが)それよりもここで興味深いのは、果たしてコンピュータが患者の心を癒すのに、人間が話す言葉の意味を理解する必要があるのか?